新谷学
著者のコラム一覧
新谷学

全レースを詳細にデータ化することに成功。全ての馬を独自に作り出した馬券直結のレーティングで丸裸にして本命馬はもちろん穴馬までしっかりケアする人間コンピューター。

【土曜東京11R・東スポ杯2歳S】ナイママで勝負!

公開日:

 デイリー杯2歳Sに福島記念。当てたものの、配当は……。確かにお安い(笑い)。今週はこれなら、そこそこ配当もつく◎で勝負!

【東京11R・東スポ杯2歳S】 前走レートの上位5頭はこうだ。

 ナイママ     92
 ニシノデイジー  91
 ホウオウサーベル 90
 ルヴォルグ    89
 ヴァンドギャルド 89

 ◎はナイママ。

 札幌2歳Sのレースレベルが高かった。スタート直後の1Fを除けば、ラスト2F手前まで最大要しても1F12秒3。当該週の札幌千八芝、さらに二千芝を加えた中距離芝は、古馬3鞍を含め合計6鞍あった。他の5鞍ではその最大値は12秒6~13秒0。今年の札幌2歳王者決定戦はよどみなく流れたということだ。

 その中、ナイママが動き出したのは3角過ぎの早めから。ちょうど後半最速ラップの12秒1が刻まれた地点。コーナーで外、外を回りつつ、4角先頭の競馬はいかにもきつく見えた。

 それが実にしぶとく脚を伸ばして首差②着。道中のラップ、仕掛けた位置を加味すれば、間違いなく、勝ち馬より強い競馬をしている。

 このレースは近年、15年11頭、16年10頭、昨年7頭と落ち着いた頭数で行われた。それが、今年は16頭。しかも、オープン特別で逃げて結果を出したカテドラル、アガラス、五百万特別ではトーラスジェミニが。

 さらに、好位勢にはルヴォルグら素質馬が複数いる形。となれば、2歳戦にありがちな超スローは考えにくい。

 よどみのないラップの経験値が生きてくる可能性は十分。まして、その持久力ある強靱な末脚は東京に合うイメージも。

 主役視するだけの価値はある。

【土曜京都9R・もちの木賞】ダンサーバローズ断然

【京都9R・もちの木賞】 東京メインまでの資金稼ぎも2歳戦で。◎ダンサーバローズは砂替わりの前走が圧勝だった。

 走破時計は同日の古馬五百万クラスと0秒2差。それも、まだまだ最後は余裕あり。もちろん、前走レート比較はトップ。2連勝だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る