弘中勝
著者のコラム一覧
弘中勝

2014年の毎日王冠では55万5600円の読者プレゼントに成功。専門紙出身の幅広い人脈と軽いフットワークで本命戦から大穴決着まで、どんなレースでもどんとこい。魂のこもった予想を見せる関西の本紙担当。

【マイルCS】前走は圧巻の走り ロジクライが一気に頂点へ

公開日: 更新日:

 GⅠ馬7頭が集結した秋のマイル王決定戦。目移りするほどの豪華な顔ぶれとなった。その中、本命はGⅠ初挑戦のロジクライでいく。

 前哨戦の富士Sは圧巻のパフォーマンスだった。好スタートから2番手をキープすると、4角手前で気合をつけて直線へ。残り1Fで先頭に立つと②着以下に2馬身差をつける完勝劇だ。

 勝ちっぷりもいいが、その中身も濃い。

 前、後半の4Fが45秒9―45秒8のイーブン。緩むことがない速いペースで流れた。スピードと持久力を問われるシビアな展開に。

 それをゴール前2F11秒6―11秒7とラップを落とすことなくフィニッシュ。東京マイル1分31秒7のVタイムは今年の安田記念に0秒4差。GⅠをはっきり意識できる記録、内容である。

 1週前には新コンビのC・デムーロを背に坂路4F51秒4をマーク。今週は「最終調整はこっちでやるつもりだったが、ジョッキーが乗りたいって」と須貝師。それだけ力が入っている証拠だ。

 志願の最終追いは1F12秒0を馬なりで駆け上がった。「GⅠ初挑戦で胸を借りる立場だが、自信を持ってレースに臨める」はトレーナー。

 勢いを加えたロジクライが一気にマイル界の頂点に駆け上がる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  5. 5

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  6. 6

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  7. 7

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る