外山勲
著者のコラム一覧
外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

【マイルCS】ペルシアンナイト連覇で鬱憤晴らし

公開日: 更新日:

 春の安田記念は①~⑥着馬を4歳馬が占めることに。予想のスタンスはハイレベル世代を中心に据えた。中でも狙いは昨年の勝ち馬ペルシアンナイトだ。

 史上4頭目、3歳で昨秋の頂点を極めた実力馬が、前2戦は不完全燃焼続き。もちろん、ここは連覇で鬱憤晴らしだ。

 安田記念、富士Sではともに直線で前が壁になり、いったんブレーキのロス。いずれもゴール前は差を詰めて盛り返していただけに、完全に脚を余した内容だった。

 特に富士Sはレースレコードのハイレベル戦。久々のうえに59キロの酷量を背負っていたことを加味すれば、この馬の地力を確認できた前哨戦だった。


 昨年同様、富士S⑤着から臨む本番は状態も確実にアップだ。ここ2週、体全体を使った伸びのあるフットワークを披露。体重も木曜発表で12キロ増の496キロと、たたき2戦目でパンプアップさせてきたのは昨年と全く同じである。今度こそスムーズな競馬で突き抜ける。

 本線も同じ4歳。○は安田記念馬モズアスコットだが、割って入るなら天皇賞・秋で二千1分57秒2と、高いスピード能力も見せた▲アルアイン。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  6. 6

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

  10. 10

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

もっと見る