外山勲
著者のコラム一覧
外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

【マイルCS】ペルシアンナイト連覇で鬱憤晴らし

公開日:  更新日:

 春の安田記念は①~⑥着馬を4歳馬が占めることに。予想のスタンスはハイレベル世代を中心に据えた。中でも狙いは昨年の勝ち馬ペルシアンナイトだ。

 史上4頭目、3歳で昨秋の頂点を極めた実力馬が、前2戦は不完全燃焼続き。もちろん、ここは連覇で鬱憤晴らしだ。

 安田記念、富士Sではともに直線で前が壁になり、いったんブレーキのロス。いずれもゴール前は差を詰めて盛り返していただけに、完全に脚を余した内容だった。

 特に富士Sはレースレコードのハイレベル戦。久々のうえに59キロの酷量を背負っていたことを加味すれば、この馬の地力を確認できた前哨戦だった。


 昨年同様、富士S⑤着から臨む本番は状態も確実にアップだ。ここ2週、体全体を使った伸びのあるフットワークを披露。体重も木曜発表で12キロ増の496キロと、たたき2戦目でパンプアップさせてきたのは昨年と全く同じである。今度こそスムーズな競馬で突き抜ける。

 本線も同じ4歳。○は安田記念馬モズアスコットだが、割って入るなら天皇賞・秋で二千1分57秒2と、高いスピード能力も見せた▲アルアイン。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  6. 6

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

もっと見る