【マイルCS】ステルヴィオ初戴冠 ビュイック勝負強さ発揮

公開日:

来日初週でいきなりGⅠ制覇

 今年も3歳馬が古馬を撃破――。

 マイルCSは5番人気ステルヴィオが直線で内から抜け出すと、昨年の覇者ペルシアンナイトとのたたき合いを頭差しのいでGⅠ初制覇。今週から4年ぶりに短期免許で騎乗のビュイックも、うれしいJRAのGⅠタイトル初獲得となった。

「中団からの予定でしたが、最内でスタートが良かったから無理に下げずにそのまま行くことに。それほどペースも速くなかったし、思い通りのレースができました」

 レース後にそう語ったビュイックは、これまで後方で末脚勝負に徹してきたステルヴィオを迷わず好位のインへ。直線はしばらく進路がなかったが、残り200メートルでアエロリットとアルアインとの間に出来たスペースを見逃さなかった。

 迷わずアエロの内を突いて抜け出してきた一瞬の判断力も、世界トップジョッキーの実力か。今年のドバイシーマクラシック、英ダービーを制した勝負強さを、まざまざと見せつけた。

■GⅠ4勝目! 快進撃続くロードカナロア産駒

 これでJRAでの勝ち鞍は22勝目となったが、そのうち重賞が5勝も。“デム・ルメ”やモレイラ、ムーアだけじゃない。残る秋GⅠで目が離せない存在になりそう。

 また、ステルヴィオの父ロードカナロアの勢いも見逃せない。

 初年度産駒からアーモンドアイが牝馬3冠を達成するなど、これでGⅠ4勝目に。現2歳世代も新潟2歳Sのケイデンスコール、小倉2歳S↓京王杯2歳Sを連勝のファンタジストなどで30勝をマーク。ディープインパクトの37勝に次ぐ2位につけている。

 別掲の通り、今週のジャパンCにはアーモンドアイがスタンバイ。ロードカナロア産駒の快進撃はまだまだ続きそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る