【マイルCS】1~4番人気占めるも 4歳勢は敗れた中でも明暗

公開日:

 春の安田記念では①~⑥着を独占した4歳勢。きのうも1番人気モズアスコットを筆頭にアエロリット、ペルシアンナイト、アルアインが1~4番人気を占めたが、いずれも先頭ゴールならず。敗れた中でも明暗分かれる結果となった。

■馬券圏内で実力示した池江勢2騎

 馬券に絡んだのはペルシアン、アルアインの池江勢。前者は連覇こそ逃したが、その実力を示す②着。勝ったステルヴィオとの頭差は直線で前にスペースがなく、残り300メートルまで追い出せなかった分。昨年、史上4頭目の3歳馬Vを決めた実績はダテではなかった。

 後者は3歳1月のシンザン記念以来となるマイル戦。器用な立ち回りから押し切るかのシーンをつくって③着だから、距離にメドが立ち、今後の活躍の場が広がった。

■安田記念①②着馬は課題残る惨敗

 一方、馬群に沈んだのが、安田記念でワン・ツーを決めた2頭。アエロ⑫着、モズ⑬着だ。

 アエロは好発から控えて6番手。ペースが遅いとみるや、2F目から動いてハナに。3F35秒0―47秒1の流れで主導権を握っていただけに、意外な失速だった。

 右回りはややラチに頼る面を見せるように、不得手なのかも。同時に桜花賞⑤着、秋華賞⑦着に続き、関西圏での競馬は完全な“鬼門”に。今後へ大きな課題が残った。

 1番人気のモズは4角で他馬と接触してルメールが腰を落とすシーン。いかにも噛み合わなかったという⑬着だった。

 ただし、今回はパドック、返し馬と必要以上に気合が乗り、ゲート裏の輪乗りで発汗も。次戦、香港マイルの招待を受けた場合は中2週で検疫、遠征。JRAでも馬券の発売があるだけに体調面には注意しておきたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る