【ジャパンC】古馬撃破へ 3冠牝馬アーモンドアイ陣営直撃

公開日: 更新日:

――厩舎の先輩アパパネは、牝馬3冠達成後にエリザベス女王杯で③着でした。こちらはジャパンCを使います。

国枝調教師 アパパネは栗東滞在をしていたが、こちらはもう一度、京都への輸送もある。また、牝馬同士の勝負付けは済んでいるかなって思ってね。

――秋華賞後はどのような調整を。

佐藤調教助手 久々の分、気負っていたんだよね。だから、レース直後に脱水症状の心配があって。状態を確認してから、10月18日にノーザンファーム天栄へ。牧場でも「オークスの時より疲れがなくて、回復が早かった」と。ホント、タフな馬だよ。

――今月8日に帰厩してからはどうでしょう。

佐藤助手 秋華賞は馬体をボテッと見せて、太い面があった。今回は無駄な肉のないスッキリした体になっているよ。それに、寒くなってきているものの、毛ヅヤは落ちていないからね。心配な面がほとんどなくなっているのもいい。

――変わってきた点は。

国枝師 前走は春とは違い、直線で一度しか手前を替えていない。15日の1週前追いでもそうだった。少しずつ馬がしっかりしてきたのだと思う。何より一番いいのは、落ち着きが出てきたこと。オークスの時、前半にリズムを崩したようなことは今はないはず。だから、古馬相手でも十分やれるんじゃないかな。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  9. 9

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  10. 10

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る