【ジャパンC】豪快に3馬身先着 アーモンドアイ本気仕上げ

公開日: 更新日:

 3冠牝馬アーモンドアイが古馬初対戦に向けて好仕上がりを見せた。

 今月8日に放牧先のノーザンファーム天栄から帰厩。1週前はルメールを乗せて、3頭併せでウッド5F66秒1―37秒7をマーク。ラスト1Fは馬なりで12秒9。併走馬に楽に先着していた。

 けさも再びルメールが駆けつけ、長めの6Fから83秒9―39秒0の併せ馬。最後は強めに仕掛けられ、1F12秒4の切れ味で3馬身先着と抜群の動きを見せた。

 残り1Fから鞍上のアクションに即座に応え、馬体はブレず、低く、ストライドの大きな伸びやかな走り。しかも、帰厩当初からツメ保護のために右前脚に鉄橋鉄(レースは前走と同様のもの)を履いてのもの。それでこの脚力は“さすが”のひと言である。

 秋華賞は調教を緩めた時期があったり、最終追いを坂路追いにしたりして14キロ増の馬体。だが、今回は帰厩時点から腹回りがスッキリした本来の馬体になっている。その点でも前走からの上積みが見込める。

 年内最終戦にして最高の状態で、古馬に挑む。

■「今回は100%」(ルメール騎手)

○…「とてもいい追い切りでした」と笑顔で会見に臨んだルメール。「彼女は最初からとてもリラックスしていて、フットワークもとても良かったです。直線は凄い脚でした。先週よりコンディションが上がってますね。パワーアップしてきています。今回は100%、ベストのコンディションです」と。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る