鈴木伸厩舎の成長株パイルーチェ、アシャカダイキが銀嶺Sで激突

公開日:

「クラスの壁はない」伊藤助手

 この秋、好調ぶりが光るのが、美浦の鈴木伸厩舎だ。

 先週終了時点で21勝はすでに昨年の19勝を上回る成績。04年に残した24勝を上回ろうかという勢いである。

 しかも、前半戦は6月が終わった段階で7勝止まりのスロースタート。そこから尻上がりに勝ち星を伸ばしてきた。

 秋が深まるにつれてペースを加速。10月27、28日で3勝を挙げると、翌週の11月3日も2勝。2週間で5勝と一気に勝ち星を上積みした。

 この2週で挙げた勝利に含まれるのが今週土曜の準オープン・銀嶺Sに出走するパイルーチェ、アシャカダイキの一千万勝ち。

 当初は河口湖特別に2頭出しを予定していたものの、アシャカダイキが除外になって翌週京都の平場に回ることに。

 すると、河口湖特別でパイルーチェが3馬身差の圧勝を決めると、スライドしたアシャカもきっちり勝って、“結果オーライ”になったのだ。

 その2頭が今回はクラスを上げて激突する。もちろん、陣営の期待度も高い。

 東京千四を使うようになって2連勝のパイルーチェは、「千四ダートにして切れる脚を使えるようになった印象ですね。時計や勝ちっぷりは良かったし、クラスの壁はないと思いますよ」(伊藤助手)。

 一方、アシャカダイキも、「前回は包まれてキツい形でしたが、抜けてくる脚が違いました。もともと準オープンでも走ってたし、変わらず順調にきてますよ」。

 ともに甲乙つけがたい2頭の対決に注目だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る