武田昌已
著者のコラム一覧
武田昌已

月~金は麻雀、土日はウインズだった学生生活を経て、入社後は編集一筋20年超。2015年春は何と9週連続重賞的中の快記録も達成し、2016年は春東京でGⅠ4連勝も。馬場の傾向、ラップの分析に定評があり、ついた名前が「数字大王」。GⅠウイークにはデモクラTVのコメンテーター担当。

【ジャパンC】本命は川田=キセキ スタミナ勝負で押し切る

公開日:

 果たして、ジャパンCを制するのはどの馬か。“GⅠ男”武田記者は読みに読んだ。そして、出した結論は――。

■スタミナ勝負で差し馬勢を完封

 ルメールがGⅠを勝ち続けたかと思えば、エ女王杯はモレイラ、マイルCSはビュイック。やはり、外国人ジョッキーはうまい。

 そんな中で奮闘しているのが川田。今年のGⅠで〈2・2・4・6〉、馬券圏内は8回。この回数だけなら〈7・0・1・11〉のルメールと同じである(京都で行われたJBC競走を含んだ数字)。

 本命は川田=キセキ。スタミナ勝負に持ち込んで打倒アーモンドアイを果たす。

 というのも、今年は決して緩い流れにならないはず。鍵を握るのはキセキとウインテンダネス。

 キセキは天皇賞でペースをつくった。前半3Fは36秒2のスローでも、その実態はよどみのない流れ。2F目から一貫して11秒台半ばのラップを刻み、残り3Fからは10秒9に。後半5F57秒4という天皇賞・秋では最速タイの数字を演出している。

アーモンドアイは差し切れるのか?

 もう一頭のウイン。こちらも瞬発力勝負に持ち込まず、早めにペースを上げる逃げが真骨頂。4走前の緑風Sは前半5Fこそ61秒6のスローだが、残り6Fから11秒台のラップに持ち込み、後ろになし崩しに脚を使わせた。後半5Fは57秒5。つまりキセキ、ウインのどちらかが似た流れに持ち込めば、差し馬勢には究極ともいえる「56秒台」の脚が要求される。

 いくらアーモンドアイとて、これを差し切れるのか――。もし、展開、ラップの読みが正解だったのにアーモンドに差されたら脱帽だ。

 今回はアルゼンチン共和国杯でスローに落としすぎたウインが、鞍上を内田に戻して途中からハイラップ逃げに持ち込むはず。キセキが2番手か。

 スタミナ勝負になればキセキは望むところ。昨秋は超不良の菊花賞を制している。

 14年エピファネイア、16年キタサンブラックと前年の菊花賞馬は現在、出走機会2連勝。その前にも09年オウケンブルースリ、12年オルフェーヴルが②着と相性もいい。

 ここ2戦は連続③着。今度こそ、川田=キセキが長い直線を押し切ってみせる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  7. 7

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  8. 8

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  9. 9

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る