武田昌已
著者のコラム一覧
武田昌已

月~金は麻雀、土日はウインズだった学生生活を経て、入社後は編集一筋20年超。2015年春は何と9週連続重賞的中の快記録も達成し、2016年は春東京でGⅠ4連勝も。馬場の傾向、ラップの分析に定評があり、ついた名前が「数字大王」。GⅠウイークにはデモクラTVのコメンテーター担当。

【土曜阪神11R・チャレンジC】名手の先行策マウントゴールド

公開日:

 ジャパンCは配当は安くても会心のレース。想像していた通りの流れになり、◎キセキが②着に逃げ粘ってくれました。

 カトレア賞の◎△△で3連単6万100円、花園Sも◎△△で4万8430円つきましたが、うれしさという意味ではJCが上。1面での的中は何物にも替え難いうれしさがありました。

【阪神11R・チャレンジC】 ここは逃げる馬が決まっている。そう、マルターズアポジーだ。2番手がサイモンラムセス、マウントゴールドあたりか。

 本命はマウントゴールド。先行させたら今でも天下一品の武豊で流れ込みを狙う。

 ここ3戦は①③①着。最も評価したいのは敗れた小倉記念。もちろん、これがGⅢだということもある。しかし、レースを振り返れば惨敗してもおかしくない展開だった。

 532キロのトリオンフが80キロも軽いマウントの逃げをマンマーク。しかも、5F目からのラップが11秒9―11秒7―11秒7―11秒1と続き、残り400~200メートルでは10秒9。さすがにここでギブアップ。トリオンフには0秒5離された。

 マウントはこの時が重賞初挑戦。いきなり厳しい戦いになっても大崩れしなかったのは、力をつけた証明だろう。次走、オープン特別のオクトーバーSを楽々と逃げ切ったのは当然といえる。

 池江厩舎のステイゴールド産駒、鞍上が武豊、青芝商事の所有馬といえば、思い浮かぶのが昨年の鳴尾記念を制したステイインシアトル。また、このレースが6月に行われていた13年はトウケイヘイローで2番手→3角先頭から押し切り。

 今回は前記のトリオンフのような競馬で、名手が人気のエアウィンザー、レイエンダの末脚を封じ込む。

【土曜中山9R・葉牡丹賞】良血ランフォザローゼス

【中山9R・葉牡丹賞】 今年、2歳戦で13勝している藤沢和厩舎。これは友道厩舎の14勝に次いで2番目の多さだが、重賞2勝(サウジアラビアRC=グランアレグリア、アルテミスS=シェーングランツ)の中身は一番だ。

 ランフォザローゼスは祖母がエアグルーヴ、母は11年の1歳セレクトセールで3億7800万円の超高値がついたほどの良血馬。ここもノンストップで通過する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る