【チャンピオンズC】ダートGⅠの1番人気は…近年の傾向

公開日:

 先週のジャパンCは単勝1・4倍の圧倒的な支持に応えてアーモンドアイが勝利。秋華賞の翌週の菊花賞からGⅠ(京都で施行されたJBC3競走を含む)で1番人気が7連敗していたが、その流れを止めてみせた。

 では、今週のチャンピオンズCでも1番人気馬が勝って、比較的、堅く収まるか。

 実は16年以降のJRAのダートGⅠ(これもJBC競走を含む)には面白い傾向がある。1番人気馬が必ず②着、もしくは③着なのだ。

 その着順は以下の通り(FはフェブラリーS、CはチャンピオンズC、JはJBC3競走)。

◇16年
Fノンコノユメ  ②着
Cアウォーディー ②着

◇17年
Fカフジテイク  ③着
Cテイエムジンソク②着

◇18年
Fゴールドドリーム②着
Jマテラスカイ  ②着
Jサンライズソア ③着
Jラビットラン  ②着

 馬券圏内には来るものの、勝ち切れないという傾向が、もう3年も続いている。

 古馬最強のゴールドドリームが回避し、今回の1番人気は3歳馬ルヴァンスレーヴで“確定”。ただし、馬券は②着、あるいは③着付けに妙味があるかも!?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る