薮中泰人
著者のコラム一覧
薮中泰人

競馬予想家としてこの道40年オーバー。そのうち、本紙予想は30年以上も経験。ゲンダイ競馬ファンにはお馴染みの西の重鎮で、馬を見る目は今もなお冴えわたっている。

【チャンピオンズC】ケイティブレイブ不動の◎

公開日:

心身ともに完成

 水曜朝、ゴールドドリームの回避にショックを受けた。完成された古馬とみていただけに、まさかの事態だった。これで情勢は3歳馬有利に傾くが、古馬陣にはもう1頭、つわものがいる。

 ◎はケイティブレイブ。

 イメージをいえばJBCクラシック勝ちが到達点と思っていた。もう上がり目がないだろうと……。

 ところが、驚いたのが1週前の追い切り。Cウッドの7Fから動き出し、見た目にも遅く感じたが、タイムを計算すればビックリ。6F80秒5―3F37秒1の好時計が出ていた。明らかに走りの質が変わっていたのだ。

 乗り手側からも同種のコメントが聞かれたのは今週。坂路の最終追いに騎乗した福永がこうだ。

「55秒の感覚で乗っていたが、それが53秒6。ストライドが伸びてるんだね。体の使い方がいいということ」

 ダービージョッキーの感覚も狂わせたフットワークの変化。短期間のうちに、まだ成長していた。

 フィジカル面の強化だけでなく、前走は精神面での成長も見せた。ベストはハナで、先行馬の意識が強かったのに、JBCクラシックは向正面で8番手。そこから勝負どころの3~4角で上昇しての差し切り。

 前半はゆったり走って、行くべきところで動いていく。レース内容にもメリハリがついていた。これぞ心身ともに完成された古馬の姿なのだろう。

 チャンピオンズCは前走の強さを再確認するレースになりそうだ。

 馬券は馬連を押さえて3連単勝負。ルヴァンスレーヴが枠的にもまれ込む可能性もあるので頭固定で流してみる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る