【阪神JF】“姉妹制覇”なるか シェーングランツ陣営を直撃

公開日:

――前走のアルテミスSは豪快な大外一気。

 千島助手 札幌で未勝利を勝った後は美浦に戻って在厩でじっくり乗り込んでいました。その間に少しずつ体も気持ちも成長。人気はなかったけど、馬は良くなっていたんですよ。

――前半はついて行けないようでしたが。

 千島助手 札幌での前2戦とペースが違いましたから。でも、あの馬自身のリズムで走れていたようだし、それがラストの爆発力につながったんじゃないかな。テンに行けないのはまだ体に緩さもあるんで、仕方ない面も。ただ、札幌当時と比べたら、走りがまとまってきた感じがあったんですよ。だからこそあれだけ伸びたとみています。

――中間の気配は?

 千島助手 疲れも取れて順調そのもの。使ってきているんで、もう強いケイコは必要ない状況。1週前はモヤの中、ポリトラックで馬なりの併せ馬。乗った育也(木幡育騎手)は「いい動きだった」と言ってました。

――阪神外回りです。

 千島助手 現状はああいう脚質なんでコースは合いそうですね。ただ、この中間で緩みの方も徐々に取れてはきてます。後方からにはなるんでしょうが、極端な位置取りにはならないかなとも思います。長距離輸送も美浦から札幌へ運んだ時の様子からして、特に問題ないんじゃないかな。

――姉のソウルスターリングと比較すると。

 千島助手 同時期で比較すると、姉さんの方が力強さがあり、レース運びという点を含めて、信頼度は高かったです。ただ、こっちは父がディープに替わったこともあって、まだまだ伸びしろがあるなという印象があります。現時点でこれだけの実績を残しているんだし、いい勝負にはなると思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る