外山勲
著者のコラム一覧
外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

【日曜中山11R・カペラS】JBCは脚を余したキングズガードG前強襲

公開日:

 この秋から千二路線に切り替えてきたキングズガードを狙いたい。

 その2戦はともに不本意な内容。それでも0秒4差④着、0秒6差⑥着と崩れなかった点は評価できる。

 前々走の室町Sは3カ月半ぶりの実戦でトップハンデの58キロ。しかも道中では落鉄もあった。さらに、交流GⅠJBCスプリントでは直線で2度前が詰まるロス……。

 トップクラスの舞台でスムーズさを欠きながらも、しぶとく盛り返したあたりはさすがにタイトルホルダー(17年プロキオンS)。GⅢ千二のメドは十分に立った。

 鞍上は前3年①①③着と、このレースと好相性の内田。ゴール前強襲で好配当をもたらす。

 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  6. 6

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  7. 7

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  8. 8

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  9. 9

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る