武田昌已
著者のコラム一覧
武田昌已

月~金は麻雀、土日はウインズだった学生生活を経て、入社後は編集一筋20年超。2015年春は何と9週連続重賞的中の快記録も達成し、2016年は春東京でGⅠ4連勝も。馬場の傾向、ラップの分析に定評があり、ついた名前が「数字大王」。GⅠウイークにはデモクラTVのコメンテーター担当。

【阪神JF】クロノジェネシス3連勝へ 能力の絶対値が違う

公開日:  更新日:

先週は土日3重賞をズバリ

 “GⅠ男”武田が好調モードに入った。先週はチャンピオンズC、ステイヤーズS、チャレンジCと土日の3重賞をズバリ仕留めたのだ。注目の狙い馬は――。

 今年の2歳牝馬ナンバーワンはグランアレグリアで異存のないところ。新馬→GⅢサウジアラビアRCを連勝した大器は牡馬との戦いを選択し、次週の朝日杯FSに出走する。

 グランアレグリアを所有するのは「サンデーレーシング」。牝馬限定のここは同じ勝負服のクロノジェネシスで勝てると判断しているのではないか、と考えた。

 実際、前走のアイビーSの内容はケタ違い。

 通常、スローペースの場合はおのおのの着差がつきにくく、能力差をきちんと反映したものとは言い難い。逆に言えば、スローである程度の着差がついたケースは“能力の絶対値の違い”となる。

 特に2歳戦の芝千八以上はその傾向。クロノジェネシスのアイビーSもそうで、前半5Fは62秒9と遅く、実質的にラスト3Fだけのレースだ。

 そのラップは11秒3―11秒0―11秒1で33秒4の速さ。これを勝ち馬は32秒5という強烈な脚を使い、②着馬に2馬身、時計にして0秒3差をつけた。

 このように、00年以降の2歳オープンクラス、芝千八で牝馬が0秒3以上の差をつけて勝ったのは他に2例。03年に札幌のコスモス賞でヤマニンシュクル、16年に東京のアイビーSでソウルスターリングがそう。ともに着差は0秒3である。

 2頭は暮れの阪神ジュベナイルFを制覇。牡馬相手につけたこの着差は牝馬の頂点に立てるものだったということ。

 鞍上の北村友にとってここはGⅠ初制覇がかかっている。デビュー3年目の08年に53勝を挙げたものの、15年には29勝にまでダウン。しかし、そこから51勝→65勝と這い上がり、今年はキャリアハイの89勝をマークしている成長株。これはノーザンファームから信頼されて、いい馬が回ってきているからだ。

 今回のパートナーもその一頭。折り合いに難はなく、ペースが上がりにくい阪神マイルなら十分に対応できる。

 馬券は単勝と、3連単は頭で勝負!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  7. 7

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  8. 8

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  9. 9

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  10. 10

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

もっと見る