新谷学
著者のコラム一覧
新谷学

全レースを詳細にデータ化することに成功。全ての馬を独自に作り出した馬券直結のレーティングで丸裸にして本命馬はもちろん穴馬までしっかりケアする人間コンピューター。

【香港ヴァーズ】エグザルタント名手で大駆け

公開日:

 パートン鞍上のエグザルタントを狙い撃つ。

 香港のトップジョッキーといえば当然、モレイラ。その最大のライバルがパートン。昨シーズンはモレイラの3季連続リーディングにストップをかけて、2度目のタイトルを獲得した腕達者だ。

 手綱を取るエグザルタントは今秋3走が案外だが、イメージほどレースで出していけず後手に回った印象が残る。

 今回は久々の手戻りで過去、同馬とは①④②③①①着。重賞2勝と良さをうまく引き出してきた。

 思えば、もともとアイルランドでデビューし、3戦目にはGⅠ愛2000ギニーで③着もあった馬。素質はここに入っても見劣りしないだけに、一発の魅力は十分にある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る