新谷学
著者のコラム一覧
新谷学

全レースを詳細にデータ化することに成功。全ての馬を独自に作り出した馬券直結のレーティングで丸裸にして本命馬はもちろん穴馬までしっかりケアする人間コンピューター。

【香港マイル】昨年覇者ビューティージェネレーション 伏兵から真の実力馬に

公開日:  更新日:

 過去10年で香港勢が9勝。ここ2年は馬券圏内を独占とマイルはスプリントとともにホーム勢の強さが目立つ。日本勢3頭はいずれもGⅠタイトルホルダーだが、主役は香港馬でいいだろう。中でもビューティージェネレーションで断然だ。

 昨年のこのレースでGⅠを初めて獲得。当時は日本では6番人気で伏兵扱いの中の逃げ切りだった。ラスト4Fからの2Fが23秒56、最後の2Fが22秒71。確かにうまくマイペースで運べてハマった印象もあった。

 今年は違う。どんな展開でも結果を出せる真の実力馬になっている。

 2月クイーンズシルバージュビリーCでは千四GⅠのハイラップにも対応。早め先頭から押し切れば、4月のGⅠチャンピオンズマイルからここまで4連勝だ。

 それも2、3走前は60キロ、前走のジョッキークラブマイルも他馬より2・5キロ重い58キロでのもの。特に前走は外枠でスタート後は先に内枠勢に行かれる形。仕方なく、いったん控えてから3角手前から取りついて、直線は大外から千切ってレコードV。これまでの先行力を生かすのではなく、違うレースパターンでの圧勝劇だった。

 そう、今は先行良し、差して良し――。こうなれば崩れるシーンが想像できず、香港史上最強マイラーの域に近づいていると言っていいほど。57キロで走れるここは連覇濃厚とみる。

 相手筆頭はワンマスター。2走前のフォレ賞がGⅠ初挑戦で初制覇の好素質馬だ。久々に名手・ムーアへ手が戻るのも魅力大。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る