【有馬記念1週前】シュヴァルグラン 2歳馬2頭をブッちぎり

公開日: 更新日:

 栗東Cウッドではシュヴァルグランが2歳馬2頭と3頭併せでいっぱいに追った。相手を大きく先行させて、内から残り1Fで合流。最後は追えば追うほど突き放して、中に4馬身、外には1秒2も先着した。時計は6F80秒3―37秒2、1F11秒9。馬体の張りも相変わらずキープできているし、高いレベルで状態を維持している。

 サトノダイヤモンドもCウッド3頭併せ。6F81秒9―37秒8、1F11秒6と数字的には及第点以上だ。しかし、直線でインから先行2頭に並びかけて、ゴールでは外には先着も、中にはいったん出ていながら抵抗されて併入に持ち込まれた。絶好調時なら突き放していたはずだし、馬体もすっきりと見せ過ぎな点に少し不満は残る。

 マカヒキは坂路で4F53秒8、ラスト2F24秒7―12秒2。これだけの馬だけにラストは速いものの、2週前、先週が芝で、今週が坂路。これまでなら1週前はCウッドでしっかりやってくるパターンだった。今回は手加減気味で、体の張りももうひとつに見える。

 美浦ではブラストワンピースがウッドでカルヴァリオを追い掛けてスタート。道中の折り合いはスムーズで、直線は内に入ると最後は2馬身先着の6F82秒2―38秒4、1F12秒3。やや頭が高いところは気になったものの、馬体に太め感はない。1週前追い切りとしてはこれでいいだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  3. 3

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  4. 4

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  5. 5

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  6. 6

    無許可で造った“ゲリラ花壇”を発見した市職員の粋な対応

  7. 7

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

  8. 8

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

  9. 9

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  10. 10

    後半戦初登板で3人炎上 セのエースをつまづかせた“真犯人”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る