外山勲
著者のコラム一覧
外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

【土曜中山11R・ターコイズS】良血レッドオルガ突き抜ける

公開日:

決め脚はGⅢでも通用

 本命はレッドオルガでいく。この秋の2戦の走りは急成長を感じる内容だった。

 新潟の長岡Sは直線で前があかずに追えたのは1F手前から。そこからはジリジリと差を詰める程度だったが、同じ状況だった前走の紅葉Sでは“もうひと脚”があった。

 残り1Fのレースラップは11秒5。前が詰まり軽くブレーキをかけたその時点で先頭から3、4馬身後ろだったが、そこから一気に突き抜けた決め脚は推定10秒台。あの切れは兄姉に重賞ウイナー4頭、GⅠ③着馬2頭を持つ血のなせる業だろう。

 もちろん、牝馬限定GⅢのハンデ戦なら十分通用のパンチ力だ。連勝で兄姉に続くとみた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る