木津信之
著者のコラム一覧
木津信之

携帯電話にはズラリとジョッキーの電話番号が。岩田のような関西のベテランから、中堅どころはもちろん、石川のような若手まで、いつでも直撃。ついつい、本音がもれてくることも数知れない。加藤征、斎藤厩舎などにもグッと食い込んでいる。暮れの有馬記念では吉田隼にじっくりと取材。◎ゴールドアクターで3連単12万5870円をモノにした。

【ターコイズS】名手ビュイック プリモシーンをエスコート

公開日:

 11月17日から短期免許で来日中のビュイックは今週がラストウイーク。今年の英国ダービーをマサーで制した腕達者ぶりは噂にたがわず、素晴らしいものだった。

 特に印象的だったのはステルヴィオと臨んだマイルCS。

 管理する木村師も驚く先行策に打って出て、直線ではわずかな馬群の間を縫うようにさばいてVへ。大一番での勝負強さを証明した。

 先週の時点で〈810323〉、連対率・409と超高率。鞍数に差があるので単純に比較はできないものの、歴代外国人騎手の中でもトップクラスの信頼性を持っているのは間違いない。

 そんな名手が中山メイン、ターコイズSでプリモシーンとのコンビで参戦。身元引受厩舎である木村厩舎に“もうひとつの重賞タイトルを”ともくろんでいる。

■「来年に弾みをつけられたら」

――今回の短期免許での騎乗はラストですね。振り返ってみてどうでしたか。
ビュイック騎手「日本の皆さんがとても歓迎してくれてうれしかったですね。マイルCSで念願のGⅠを勝つことができましたし。凄く楽しかったので、来年もぜひ来たいと思っています」

――充実した日々を送れてたようですね。今週は最後を飾るにふさわしいラインアップです。ターコイズSのプリモシーンはレースでは初騎乗。どんな印象ですか。
「道中、気分良く走らせることができれば、しまいは確実に脚を使えそうですね。秋華賞も負けはしましたが、いい走りだなと思いましたよ」

――今週の追い切りで初めてまたがりました。どんな感触でしたか。
「先生の指示は“直線で併せてしまいしっかり伸ばすように”と。抜け出す時の反応は素晴らしかったし、いい状態と感じました」

――どんなイメージで騎乗しますか。
「細かくは考えていません(笑い)。ただ、これまでは掛かることを気ににして馬の後ろに入れることを優先していたように思えます。自分としては彼女のリズムで運べれば、脚を使ってくれると思うので、そこを優先したいですね」

――期待のほどを。
「先生は“来年はGⅠを狙える”とおっしゃっていました。なので、このGⅢを突破口として弾みをつけられたらなと思っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る