弘中勝
著者のコラム一覧
弘中勝

2014年の毎日王冠では55万5600円の読者プレゼントに成功。専門紙出身の幅広い人脈と軽いフットワークで本命戦から大穴決着まで、どんなレースでもどんとこい。魂のこもった予想を見せる関西の本紙担当。

【朝日杯FS】ファンタジスト4連勝へ 攻めのGⅠ仕様仕上げ

公開日:

 ファンタジストが4連勝でGⅠ制覇だ。

 2走前の小倉2歳Sは前半3F33秒4のハイペースを3番手から早めのスパートでV。勝ちっぷりからロードカナロア産駒のスプリンター系の印象もあった。それがどうだ。前走の京王杯2歳Sは前半3F38秒0の超スローペースを3番手のインでスムーズな立ち回り。そして直線は反応鋭く抜け出してみせた。

 どんなペースでも自在に立ち回れる操縦性の良さ。ゴーサインひとつでスッと反応できる機動力。さらに並ばれて、かわさせない勝負根性。総合力の高さが際立つ内容だった。

「折り合いや馬群も平気。現状で不安らしい不安点はないよ」は梅田師。

 GⅠゆえ、今回はやけに仕上げも熱っぽい。

 1週前の坂路で4F49秒5をマークし、最終追いも前に目標を置いての併せ馬。4F52秒8、1F12秒1の鋭さ。さらにこの追い切り以外にもひと工夫がある。

「今回は普段の調整でコースを取り入れてる。坂路だけじゃ乗り足りない感じだからね」

 これだけ攻めても木曜計量は478キロ(前走比プラス4キロ)。肩回り、トモといい筋肉がついて、馬体のシルエットはグンと良くなっている。

 6月7日の入厩から一度も放牧へ出さず手をかけてきた素質馬。2歳チャンプの座は譲れない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る