外山勲
著者のコラム一覧
外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

【朝日杯FS】本気の走りでGⅠゲット マイネルサーパス 前走は3歳重賞級

公開日:

 本命はマイネルサーパスだ。
 
 前走のきんもくせい特別勝ちを評価したい。
 
 断然人気グランアレグリアの2戦2勝の内容も素晴らしいが、こちらも勝るとも劣らない快記録を引っ提げての参戦である。
 
 福島千八で1分46秒2は従来の記録を“2秒”も更新する2歳のコースレコードだ。
 
 ちなみに、今年の3歳戦、GⅢラジオNIKKEI賞を勝ったメイショウテッコンが1分46秒1である。2歳秋の時点で3歳夏の重賞とほぼ互角で走破してきたのだから、その価値は言わずもがなだろう。

 レース内容は勝負どころから[10][10][8]と終始馬群の外、外を回してのもの。しかも、鞍上の丹内は抜け出すと遊んでしまう気性を考慮して、ゴール前での“ちょい差し”を狙って追い出しを待つレースぶりだった。
 
 高速決着の中、それだけの余裕があったあたりが、この馬の奥深さだろう。あの競馬がマックスではない。
 
 今回は先行勢に有力馬が揃った。目標が最後までいる分、能力を出し切りやすい展開だ。本気の走りでGⅠタイトルをゲットする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る