武田昌已
著者のコラム一覧
武田昌已

月~金は麻雀、土日はウインズだった学生生活を経て、入社後は編集一筋20年超。2015年春は何と9週連続重賞的中の快記録も達成し、2016年は春東京でGⅠ4連勝も。馬場の傾向、ラップの分析に定評があり、ついた名前が「数字大王」。GⅠウイークにはデモクラTVのコメンテーター担当。

【朝日杯FS】GⅠ勝ちが約束された グランアレグリア頭不動

公開日:

絶好調GⅠ男 3週連続ピタリ

 “GⅠ男”武田記者はジャパンC、チャンピオンズC、阪神JFとただ今、3連勝中。勢いに乗って臨む。

 勝つのは大物牝馬グランアレグリア。

 2年前のこのレースで牝馬ミスエルテを本命にした。結果は④着。新馬戦↓ファンタジーSの連勝が鮮やかに映ったからだが、今から振り返れば新馬も牝馬限定戦だから、ここが初の牡馬相手に。父フランケルということもあって買いかぶりすぎたように思う。

 だが、グランアレグリアは違う。

 新馬が牡馬との混合戦なら、2戦目も牝馬同士のアルテミスSではなく有力牡馬も出走してくるサウジアラビアRCをチョイス。そこで②着に3馬身半、時計にして0秒6の差をつけたのだから、こちらは“本物”。

 実はグランアレグリアのように、「牡馬と混合の芝千四以上の2歳重賞で②着に0秒6差以上をつけた牝馬」は過去30年間で他にわずか2頭しかいない。

 ともに当時は千四だったGⅡデイリー杯2歳Sの勝ち馬で、91年ニシノフラワーと96年シーキングザパール。ニシノは阪神3歳牝馬S(阪神JFの前身)、桜花賞、スプリンターズS、シーキングはNHKマイルC、フランスのモーリスドゲスト賞を勝った名牝である。

 すでに◎もGⅠを勝つことを約束されたようなもの。ここは②着争いだ。

 筆頭は1週前追い切りで坂路49秒5の超抜時計をマークしたファンタジスト。前走の京王杯2歳Sでは前半4F51秒2という記録的なスローペースにも折り合っていた。使うごとに馬体が増えているのもいいし、レースセンスも抜群だ。外国人ばかりが目立つ秋GⅠ、武豊の意地に期待する。


 ▲ケイデンスコールは全3戦とも上がり最速というのが魅力。また、母インダクティはバランスオブゲーム、フェイムゲームを兄、弟に持ち、成長力がある。先週の阪神JFを制したC・デムーロなら。

 少し割り引いたのはアドマイヤマーズ。ダイワメジャー産駒の阪神マイルは〈3・3・4・41〉と低確率。勝ったのはいずれも1分34秒5~8とやや遅めの決着というのが引っ掛かる。

 3連単の②着にはこの3頭をマーク。これできっちり仕留めて有馬記念に向かいたい。


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る