【朝日杯FS】レース後の談話

公開日:

①着アドマイヤマーズ(M・デムーロ騎手) 本当にドンドン成長して頭がいい。競馬を分かってます。(ダートコース側からの本馬場入場の)GⅠで少しテンションが上がったけど、すぐに落ち着いた。スタートもポンと出て、前にグランアレグリアがいてちょうどいいと思ってました。4角で前があいて手応えも抜群。GⅠなので、勝負して早めに先頭に立っても全然大丈夫でしたね。

②着クリノガウディー(藤岡佑騎手) あ~、惜しいレースだった。グラン(アレグリア)のスタート次第でどんなレースをするか考えていて。頑張ってくれています。まだ成長途上。これからの馬ですよ。

③着グランアレグリア(ルメール騎手) 道中はスムーズだったし、リラックスしていて息も入っていた。でも、前2走ともに楽勝で、併せ馬の形を経験していないからね。勝ち馬が外から来た時にスッと反応できなくて、バランスも悪くなった。きょうはそこだけ。この経験が今後につながってほしいね。

藤沢和調教師 残念だったね。右回りが初めてなのも影響したかな。内へ逃げてた。道中はいい感じで走ってたし、そんなに速いペースではなかった。来年頑張ります。

④着ファンタジスト(武豊騎手) 折り合いはついたけど、結果的に内枠の馬が来る展開。馬場もそうだよね。先週(阪神JF④着シェーングランツは4番枠)と逆だったら。ただ、千六でもラストまで伸びてるし、マイルは問題ないですよ。

⑤着ディープダイバー(川田騎手) どうしても内にササる難しい面が出てしまいますね。それでも、掲示板は確保したように崩れてないし、精いっぱい走って現状の力は出してくれてます。

⑥着エメラルファイト(ビュイック騎手) いつもスタートは悪くないのに、フワーッとしてダッシュがつかなかった。最後はいい伸びを見せてただけに、前半がもったいなかった。

⑩着マイネルサーパス(丹内騎手) 展開が厳しかった。それにしても走らなかったし、これから立て直しですね。

⑬着ケイデンスコール(C・デムーロ騎手) きょうは馬に走る気持ちが強く出なかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る