【前半戦GIの活躍馬】平成4年はメジロパーマーが秋に激変

公開日:

 平成4年(1992年)も荒れた。

 前年の春2冠馬トウカイテイオーが1番人気、その年の菊花賞馬ライスシャワーが2番人気。気合をつけてハナを奪ったのはブービー15番人気メジロパーマーだった。

 前半は単騎逃げの形。途中からダイタクヘリオスが動いて、2頭で引っ張る形になった。10馬身近い差をつけて勝負どころを回って直線へ。

 ヘリオスの脚色はさすがに鈍った。しかし、こちらは粘りに粘る。

 内から迫ったレガシーワールドに鼻差のゴールイン。単勝4940円、馬連3万1550円のビッグ配当に。

 今年のメンバーを見渡すと前走で逃げたのは人気サイドのキセキだけ。

 そこでパーマーの場合は前半戦GⅠの活躍に注目したい。宝塚記念の勝ち馬だった。秋は京都大賞典⑨着、天皇賞⑰着からの激変だ。

 宝塚記念①着→秋は⑤着のミッキーロケット、天皇賞③着↓秋は⑥⑰着のクリンチャーが浮上してくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る