【中山が大好き】平成19年はマツリダゴッホが9番人気でV

公開日:

 19年(07年)は64年ぶりに牝馬でダービー馬に輝いたウオッカ=3人、桜花賞、秋華賞、エ女王杯を制したダイワスカーレット=5人のライバル3歳牝馬が参戦。1番人気には盾の春秋連覇を成し遂げたメイショウサムソンが推されていた。

 稍重でレースは前半3~5Fが35秒3―60秒5の淡々とした流れ。サムソン、ウオッカは中団より後方の位置取り。

 手応え良く好位につけていたのが9番人気マツリダゴッホだ。

 直線では早めに先頭に立った。そこからも力強い脚で伸びて、2番手スカーレットに1馬身4分の1差のフィニッシュ。単勝5230円、馬単6万9020円、3連単80万880円のドリーム馬券が飛び出した。

 ゴッホといえば中山大好き。グランプリ前まで〈4111〉の実績を残していた。

 今年のコース巧者では前述のセントライト記念勝ちのミッキースワローが〈2101〉、サクラアンプルールが〈3122〉だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る