【連勝中で勢いあり】平成27年はゴールドアクターが美酒

公開日:

 大混戦ムードの平成27年(2015年)は8番人気ゴールドアクターが勝利の美酒を味わった。

 ここが引退レースとなるゴールドシップが1番人気とはいえ、単勝オッズは4.倍だった。以下、ラブリーデイが4.5倍、リアファルが5.6倍、キタサンブラックが8.4倍、サウンズオブアースが9.9倍。

 キタサンがレースを引っ張った。前半3~5Fが37秒1―62秒5のスローな流れで、白い怪物が最後方から早めにまくりに出た。

 その展開をアクターは道中ずっと好位の内めを手応え良く追走。直線で先行2頭をとらえ、先頭で駆け抜けている。単勝1700円、馬単1万3780円、3連単12万5870円。

 アクターは夏に一千万、秋に準オープンを勝ち、アルゼンチン共和国杯で初タイトル獲得。連勝中の上がり馬だった。

 今年はリッジマンが丹頂S①着↓ステイヤーズS①着と勢いをつけて大舞台に臨む。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  3. 3

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  4. 4

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    吉川晃司や近藤サトで注目 グレーヘアはモテにつながるか

  7. 7

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  8. 8

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る