【有馬記念】3度目の正直なるか シュヴァルグラン陣営直撃

公開日:

 昨年のジャパンC馬シュヴァルグランが3年連続で有馬記念に臨む。過去2年は⑥③着。三度目の正直となるか。陣営に聞いた。

■「去年より1戦少ない分フレッシュ」(友道師)

――今週は坂路で単走。
友道調教師「先週しっかりやって、体はできている。春以来になるボウマン騎手に感触を確かめてもらいました。調教でそんなに動かないのに、この馬にしては反応が速かったですね」

――ジャパンCの反動が気になりますが。
「それが一番心配でした。でも、レース後の馬体チェックや、馬の雰囲気を見てもダメージはなかった。去年と比べて1戦少ないし、その分、フレッシュな状態です」

――去年は③着でした。
「直線でちょっと不利があり、それから盛り返して③着。ボウマン騎手は“東京の方がのびのび走れる”と。今年はそれを踏まえて乗ってくれると思います。しっかり追える人は合っていますよ」

――どのようなレースをイメージしますか。
「二千五百でコーナーが6つ。距離ロスの少ない前めにつけたいですね。内の経済コースを走れれば」

■「リズムよく走れればチャンスも」(ボウマン騎手)

――水曜の追い切りに騎乗しました。
ボウマン騎手「いい状態ですね。リラックスしてました。去年も同じことを言いましたが、とてもハッピー。レースを前に体が備えられてます」

――ジャパンCのビデオはご覧になりましたか。
「ええ。アーモンドアイが次元の違う勝ち方をしました。でも、自分としてはよく走ったと思います。悪い点はなかった」

――去年は悔しい思いをしました。
「不利とかいろいろあって③着。それがなければ②着、ひょっとして勝っていたかも。でも、キタサンブラックは強かったです。今年はいないし、リズム良く走れれば、チャンスも」

――去年の今頃と比べてどうですか。
「比較は難しいです。ただ、春の天皇賞で乗った時よりも、リラックスしているかなと思います」

――最後に抱負をお願いします。
「いつもまたがる時はいい状態。今回もそう。何とかいい競馬を」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る