橘正信
著者のコラム一覧
橘正信

ご存じ、本紙が誇る鬼才。常に大穴馬を求めて、栗東トレセンを右へ左へ。驚天動地、空前絶後の◎を打つ男。とにかく買わなきゃ当たらない。17番人気タケノベルベット本命で的中させた92年エリザベス女王杯は今でも語り継がれる快挙だ。

【土曜阪神11R・阪神C】ラインスピリット妙味たっぷり

公開日:

 2週前は香港で4戦3勝。先週は朝日杯FSで馬単万馬券。今週も土曜重賞で勢いをつけて、日曜のグランプリへ。

【阪神11R・阪神C】 ラインスピリットでビッグ配当だ。

 ここ5戦は次の通り。

京王杯SC   ⑤着14人
函館スプリントS⑥着9人
アイビスSD  ⑤着9人
セントウルS  ⑤着9人
スプリンターズS③着13人

 いずれも人気以上の着順。それもすべて“価値あり”。

 京王杯スプリングCは約2年ぶりの千四。それでも2番手からゴール前は先頭に躍り出るかのシーンがあった。

 函館スプリントSはデビュー以来、初めての北海道遠征。長距離輸送で馬体を減らした中でも踏ん張っている。

 アイビスSDは以前に千直でオープン勝ちした時の11番と違い6番だった。1~3枠の6頭中、ただ1頭掲示板入り。

 セントウルSは結果が出ていなかった道悪。一昨年、連勝中で臨んだ京阪杯も重馬場で⑧着だった。それが強敵相手に熱戦を演じている。

 そして、前走のスプリンターズSだ。

 過去2回のGⅠ挑戦は高松宮記念⑬⑮着とさっぱり。しかも、今度も雨馬場。結果は首、半馬身差の③着である。

 松永昌師が話す。

「直線で狭くなり、引っ張る形になった。あれがなければ、もっとやれたはず。ホント、力をつけたよ」

 中間はリフレッシュ放牧を挟み、ここ目標に。

 2週前に坂路4F52秒9、先週は53秒6。しっかりと乗り込まれ、今週は53秒7―12秒8で力強く駆け上がった。

「馬場状態を考えれば、時計はいいね。前走後、豊(武豊騎手)は“また乗りたい”って。うん、楽しみにしている」

 期待がどんどん高まってきた。

【土曜中山10R・中山大障害】マイネルプロンプト狙い撃つ

【中山10R・中山大障害】

 本命はマイネルプロンプト。

 主戦の森一は今年、12勝をマークしている。全成績は〈12111275〉、③着内率・318だ。

 実は、前半戦は1勝止まり。7月に1勝、8月に2勝を挙げて、エンジンがかかった。

 9月=2勝、10月=2勝、11月=3勝、12月1勝。9月以降は〈85417〉で、③着内率・500に跳ね上がる。

 プロンプトとは昨秋のコンビ再結成から10戦連続で騎乗。

「中山は好相性。状態も変わらずきています。距離はどうかも、いいレースを」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る