亀井辰之介
著者のコラム一覧
亀井辰之介

メーンレースまでの稼ぎ場をあらゆる角度から徹底的にリサーチ。ピックアップした推奨レースに鋭い視点で切り込んでタマを何倍にも増やしていく西のスナイパー。

【有馬記念】SS系×ロベルト系 パフォーマプロミスは平成有馬を象徴する配合

公開日: 更新日:

 平成最後の有馬記念。血統面から振り返ると、ロベルト系とサンデーサイレンス系の時代だったといって過言ではない。

 先に登場したのはロベルト系。94年(平成6年)にブライアンズタイム産駒のナリタブライアンが勝利すると、03年までの10年間で7勝。パワーとスタミナに優れ、大一番にも強い血が暮れのグランプリにマッチした。

 一方、SS系は01年(平成13年)のマンハッタンカフェが初V。04年から昨年までの14年間で13勝と圧倒的な強さを見せている。

 ちなみに、SS系が勝てなかった15年を制したゴールドアクターもロベルト系のスクリーンヒーロー産駒。この2系統なしには近年の有馬記念は語れない。

 その両方の血を引くのが◎パフォーマプロミスだ。平成有馬を象徴する血がラストイヤーを締めくくる。

 SS系の中でも有馬で好成績なのがステイゴールド産駒。通算4勝は父SSの5勝に次ぐ歴代2位。器用な産駒が多く、小回りの長距離戦でこそ真価を発揮する。

 前10年の中山二千五百でもトップの22勝。2位ハーツクライが7勝だから、後継種牡馬の中では抜けて舞台適性が高い。

 そして、パフォーマの母アイルビーバウンドはタニノギムレット産駒のロベルト系。

 母の半姉にオークス馬のシルクプリマドンナもいる優秀な母系。母の祖父ブライアンズタイムの産駒も有馬で3勝だ。

 もちろん、パフォーマ自身も高い適性を持つ。

 今回と同舞台に出走したのが昨年の有馬ウイーク。準オープンのグレイトフルSで好位から押し切りオープン入り。勝ち時計の2分34秒1は、翌日の有馬記念②着のクイーンズリングと0秒3差だった。

 そこから1年。日経新春杯、アルゼンチン共和国杯と重賞タイトル2つを手にして臨む。今年はグランプリ制覇だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る