【ポルックスS】テーオーエナジー圧巻の4馬身差

公開日: 更新日:

①着テーオーエナジー(岩田騎手) 力通りのレースができました。どこからでもレースができるし、直線でもスッと反応してくれました。一戦ごとに強くなっているので、今後が楽しみです。

②着ホーリーブレイズ(高倉騎手) 具合がいいとゲートの中でイレギュラーな格好をしてしまうんです。それに中山コースは不向きなんじゃないかと思っていたんですが、しまいはしっかり伸びてくれました。レースを覚えてきましたね。

③着シャイニービーム(丸山騎手) 直線に向いたら馬がやる気を出してグンと伸びてくれました。手前を替えてくれませんでしたが、頑張ってくれましたよ。

④着クルーガー(マーフィー騎手) 乗りやすかったですね。3コーナーから追い出して全部力を出してくれましたよ。距離はもう少しあってもいいかもしれませんね。

⑤着ザイディックメア(ミナリク騎手) 勝った馬は強かったですが、こちらも手応え十分で行儀良く走ってくれましたよ。最後疲れてしまったのは休み明けの分でしょう。次につながる競馬だったと思いますよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  5. 5

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  6. 6

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  7. 7

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  8. 8

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  9. 9

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

  10. 10

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

もっと見る