橘正信
著者のコラム一覧
橘正信

ご存じ、本紙が誇る鬼才。常に大穴馬を求めて、栗東トレセンを右へ左へ。驚天動地、空前絶後の◎を打つ男。とにかく買わなきゃ当たらない。17番人気タケノベルベット本命で的中させた92年エリザベス女王杯は今でも語り継がれる快挙だ。

【土曜中山10R・初春S】モアニケアラ横山典で一発

公開日: 更新日:

 モアニケアラで高配当ゲット。

 昨年秋に横山典とのコンビで一千万を勝ち上がり。中山ダート千二で直線一気を見事に決めた。

 ここ2走は同じ舞台、鞍上で⑥⑨着。クラスの壁? いや、今回は変わる要素がある。

 松永幹師が話す。

「この前、ジョッキーは“テンが速いからもう少し前へ行ける”って。それまでは追い込みに徹してもらっていましたが、今回は任せます」

 徹底的な追い込みがあるかと思えば、まさかの逃げまで。多種多彩な手綱さばきを見せる名手だけに期待が高まる。

 もちろん、状態面もマル印がつく。

 中1週→中2週のローテーションでも元気いっぱい。今週は力のいる坂路をラスト1F12秒0で駆け上がった。

「しまい重点とはいえ、動きましたね。ええ、体調はいい。どんな競馬をするか楽しみです」


【土曜中山11R・フェアリーS】

 過去10年間で未勝利勝ち直後の馬が2勝②着2回③着3回。昨年の勝ち馬プリモシーンこそ2番人気だが、10年Vのコスモネモシンは11番人気、12年②着マイネエポナは14番人気など伏兵が何度もアッと言わせてきた。

 今年のプリミエラムールも魅力たっぷり。

 デビュー戦は先行して③着。前走は中団前めから最速タイの3F34秒0の末脚で突き抜けた。

 レースセンスはかなりいい。重賞でも。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  5. 5

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  6. 6

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    渡辺GM語る 浅村・雄星移籍で「チームまとまる」の根拠

もっと見る