橘正信
著者のコラム一覧
橘正信

ご存じ、本紙が誇る鬼才。常に大穴馬を求めて、栗東トレセンを右へ左へ。驚天動地、空前絶後の◎を打つ男。とにかく買わなきゃ当たらない。17番人気タケノベルベット本命で的中させた92年エリザベス女王杯は今でも語り継がれる快挙だ。

【すばるS】マッチレスヒーロー本命 今週もベテラン奮起!

公開日: 更新日:

 先週の初春Sは◎の11番人気モアニケアラが大激走。ビッグ配当をもたらしてくれました。

 松永幹師は笑顔で、「ノリ(横山典騎手)は“まだ余裕があった”と言ってましたよ」と。7歳牝馬でも、衰えるどころか元気いっぱいです。

 3日間競馬はこの馬だけでなく、高齢馬の奮起が目立ちました。

 京都では淀短距離Sで8歳ナインテイルズ(5人)が勝ち、9歳ティーハーフ(9人)が③着、新春Sで7歳ヴェネト(11人)が差し切り。中山でもジャニュアリーSで7歳ドリームドルチェ(13人)が②着、ニューイヤーSで7歳ミュゼエイリアン(13人)が③着といった具合。

 今週もベテランの穴馬で勝負!

【京都11R・すばるS】

 本命は8歳マッチレスヒーロー。

 冬場は走る。

 一昨年のこのレースに参戦。11番人気と評価は低かったが、③着に好走した。昨年もジャニュアリーSで6番人気②着。

 そして、続く根岸Sで驚かせた。

 さすがに単勝オッズ78・7倍とほぼノーマークだった。ところが、ノンコノユメ、サンライズノヴァが①②着したレコードの差し決着の中、5番手からしぶとく脚を伸ばして、③着カフジテイクと4分の3馬身差の④着に突っ込んできたのだ。

 昨年の後半戦は⑮↓⑫着と結果を出せず。とはいえ、1秒8↓0秒9差と上昇してはいる。

 暮れのギャラクシーS除外により、ここまでコース、坂路で乗り込みは入念。11本の時計をマークと仕上がりも進んだ。

 鞍上の加藤は先週土曜の京都3Rで今年の初勝利を挙げた。手綱を取ったメイショウヨソユキは11番人気で、単勝1万7000円、3連単81万7380円、馬単13万2870円のドリーム馬券の担い手となっている。

 ベテランと若手のコンビで大波乱だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る