外山勲
著者のコラム一覧
外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

【日曜東京11R・根岸S】持ち味の末脚が磨かれたサンライズノヴァ雪辱Vだ

公開日: 更新日:

 東京ダートで〈6302〉。抜群の安定感を誇るサンライズノヴァに◎だ。

 GⅢユニコーンS、武蔵野Sの重賞Vがあり、昨年のこのレースはレコード決着の②着。続くGⅠフェブラリーSでも④着と健闘。長い直線で持ち味の末脚がいかんなく発揮されている。

 その一線級相手でも通用する破壊力は、昨春以降の東京連戦でさらにブラッシュアップされた印象だ。

 大一番、フェブラリーS後も5戦連続で府中遠征。特に4~6月は57・5~58キロを背負うオープン特別で②②①着。厳しい条件下でも確実にしまいを伸ばしてきた。

 これがいい鍛錬になったのだろう。秋にはグリーンチャンネルCでポン駆けを決め、前々走、武蔵野Sも1分34秒7の好タイムVで結果を出した。稍重馬場とはいえ、上がり3F34秒8はめったに見られない。

 前走のチャンピオンズCは距離も長く、2ターンのコース形態も合わなかっただけ。スルーでいい。ノヴァにとっての本当の勝負は今回とフェブラリーSの2連戦だ。

 中間の坂路では自厩のオープン馬相手にハード追いを消化。ダンビュライト、インディチャンプと先週、来週(アメリカJCC、東京新聞杯)の重賞上位人気馬とビッシリ併せてくれば、前哨戦とはいえ仕上げに手抜きはない。

 弾みをつけてGⅠへ向かう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  3. 3

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  4. 4

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  5. 5

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  6. 6

    シーズン中に異例の発表 G上原を引退に追い込んだ球威不足

  7. 7

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  8. 8

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  9. 9

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  10. 10

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る