【シルクロードS】レース後の談話

公開日: 更新日:

①着ダノンスマッシュ(北村友騎手) スタートは良かったし、道中も落ち着いてレースができました。前にラブカンプーが走ってたので頼りにしてましたが、4角で相手の手応えが怪しくなったので外に切り替えることに。そこでも馬が自分で反応してくれた。今回は負けられない気持ちだったし、いい形で本番へ向かえると思います。

②着エスティタート(浜中騎手) ペースが速かったし、はまったと思ったんだけどね。勝ち馬を褒めるしかないですよ。でも、このメンバーで②着だし、この馬も力はあります。

③着ティーハーフ(国分恭騎手) 枠が枠(8枠18番)だったし、馬のリズムを大事に乗りました。外を回されたけど、位置をキープして直線は前を目掛けて追いました。状態がいいと聞いていたし、具合が良ければこのぐらい走れますね。9歳ですが、柔らかみがあるし、賢い馬ですよ。

④着アンヴァル(松山騎手) 中団でうまく脚もためて乗れたんですが、外から早めに来られて動くしかない形になりましたから。それでも最後は盛り返してるし、4角までためることができていれば結果は違ったかも。

⑤着アレスバローズ(川田騎手) ハンデも枠もきつかった。それを考えればよく頑張ってくれたし、今回の競馬が次につながってほしいですね。

⑥着ダイメイプリンセス(秋山騎手) スプリンターズSは疲れを感じたけど、それも取れて前走より状態は良かった。ただ、京都の下りは苦手みたいですね。加速したいところでつまずいてガクガクと。それでもしまいは伸びてきたし、使いつつ去年のいい状態に戻れば理想的ですね。

⑪着ナインテイルズ(福永騎手) 勝ち馬の後ろで脚をためる競馬ができたし、これならと思ったんだけどね。追ってから全く反応しなかった。う~ん、何でだろ。中1週がこたえたのかな。

⑮着セイウンコウセイ(池添騎手) ブリンカーが効きすぎました。ハミを噛んでオーバーペースになってしまって……。

⑱着ラブカンプー(M・デムーロ騎手) スタートは良かったし、いい位置で運べたんだけど、まだコンディションが整ってなかったかな。イレ込んでいたし、ずっと耳を絞っていたから。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  3. 3

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

  10. 10

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

もっと見る