【きさらぎ賞】藤原英厩舎の勢いは止まらない

公開日: 更新日:

 藤原英厩舎は昨年、JRAで重賞5勝を含む58勝を挙げて、初のリーディングを獲得した。

 それまでの軌跡を見てみると――。

 開業は2001年。初出走となった3月3日のインビジブルタッチでいきなり初勝利を収めた。その2カ月後には京都新聞杯のテンザンセイザで初重賞も。この年は15勝。

 02年に21勝を挙げると、05年までコンスタントに20勝台。06年には33勝と一段階アップさせた。

 07年も37勝で、08年には44勝と早くも次の段階に進んだ。この年にはエイジアンウインズのヴィクトリアマイルで初GⅠを手にしている。

 09年はサクセスブロッケンのフェブラリーSなど36勝、10年はエイシンフラッシュでダービーを制して37勝。11年には49勝と大台にあと一歩まで迫った。

 12年はエイシンフラッシュの天皇賞・秋など46勝。13年にマイルCSのトーセンラーなど53勝であっさり大台クリアだ。

 14年=44勝、15年=48勝、16年=41勝。ストレイトガールが15、16年ヴィクトリアマイル、15年スプリンターズSとGⅠ3勝がある。

 17年に55勝。そして18年、エポカドーロの皐月賞など58勝で待望のトップに輝いた。

 昨年の全成績は〈58 52 34 157〉、勝率.193、連対率.365、③着内率.478。

 このうち連対率、③着内率はともに自身の過去最高、勝率は08年の.199に次ぐもの。この数字は凄い。

 今年も先週まで7勝と好発進を決めた。全成績は〈7325〉、勝率.412、連対率.588、③着内率.706だ。

 さらなる飛躍まで。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  7. 7

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  8. 8

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  9. 9

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  10. 10

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

もっと見る