新谷学
著者のコラム一覧
新谷学

全レースを詳細にデータ化することに成功。全ての馬を独自に作り出した馬券直結のレーティングで丸裸にして本命馬はもちろん穴馬までしっかりケアする人間コンピューター。

【土曜京都11R・アルデバランS】完成されてきたテルペリオン頭勝負

公開日: 更新日:

 先週はシルクロードSで好配当的中も、3連単は外れ。③着ティーハーフは前走の淀短距離Sでも③着だから狙えないわけではなかったが……。

 今週はすっきりと3連単ゲットを目指して、土曜コラムはともに①着固定で勝負したいこの2鞍をチョイス!

【京都11R・アルデバランS】 前走レートの上位5頭を列記するとこうなる。

 テルペリオン   114
 モズアトラクション109
 オルナ      109
 ザイディックメア 106
 ジュンヴァルカン 105

 テルペリオンの2連勝だ。

 充実一途とはまさにこのこと。昨夏の一千万勝ちから同馬のレートを列記すると、101→107→111。そして冒頭の前走114と尻上がりになっている。

 しかも4、3走前は小倉千七。そして2走前が京都、前走が阪神の千八と舞台問わずの走りだから価値あり。

 実際、前走の堺Sは道中2番手の大名マークから1F手前で先頭へ。そのままきっちり押し切るV内容だった。

 後半最速ラップの12秒2が記録された残り3~2F間でも楽な追走。以前のような勝負どころのモタつきもなくなった分、レース運びに余裕が出ていることが大きい。

 オープン初挑戦とはいえ、手薄なメンバー構成。今の充実ぶりを考えればさらにパフォーマンス、レートアップも十分だ。

【土曜京都10R・エルフィンS】ノーブルスコア突き抜ける

【京都10R・エルフィンS】 前走レートトップは重賞組を抑えて、紅梅S③着の◎ノーブルスコアだ。

 その前走は3カ月ぶりでプラス16キロ。外枠発進でアウト回りの競馬ながらもメンバー最速の末脚を駆使していた。

 新馬、未勝利はマイルで②①着。距離延長でたたき2走目なら突き抜けるシーンを期待できる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  4. 4

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

もっと見る