【きさらぎ賞】レース後の談話

公開日: 更新日:

①着ダノンチェイサー(川田騎手) 前を捕まえられて、後ろからは捕まらない位置を考えてレースを組み立てました。課題だった折り合い面も辛抱してくれました。この馬としては我慢できた中でリズム良く運べたし、しっかり勝ち切ってくれました。あとは千八百メートルでもこれだけ力んでしまうと、距離が長くなると、より大変になるかと思います。そこに関しては厩舎サイドが考えていくと思います。

(池江調教師) 川田君がうまく乗ってくれました。これで皐月賞、ダービーの出走賞金は安泰ですね。この後はリフレッシュ放牧に出ますが、皐月賞は直行の可能性が高いです。

②着タガノディアマンテ(岩田騎手) ゲートをゆっくり出たので、道中は折り合いを重視してじっくりと運んだ。それであの位置からになったけど、直線はいい伸びを見せてくれたね。こんな馬場も合ってたみたい。

③着ランスオブプラーナ(松山騎手) この少頭数だし、スタートも良かったのでハナを切ったけど、自分のリズムでうまく運べました。直線は長く脚を使えると思ったので、早めにセーフティーリードを取る形に。最後は差されたものの、千八にも対応してくれたし、力のあるところは見せてくれました。

④着ヴァンドギャルド(M・デムーロ騎手) クリスチャン(弟のC・デムーロ騎手)がいろいろ教えてくれてたけど、まだまだ馬が子どもだね。きょうでもイライラとして緊張してた。道中は勝ち馬の後ろと一番いい位置で運べたが、最後は何度もつまずいていた。でも、いい馬。これから良くなると思うよ。

⑤着メイショウテンゲン(池添騎手) 中団くらいのいい位置で競馬は運べていた。4角を回る時も手応えはあったけど、追ってからがスパッと切れなくて。正直、もう少し伸びてほしかった。う~ん、ここに入るとまだ決め手不足なのかも。

⑦着アガラス(戸崎騎手) 道中でムキになって走っていたし、そこが影響したかな。馬場? 雨は降っていたものの、走りからはダメとは思わなかったけど……。

⑧着エングレーバー(藤岡佑騎手) 内めの枠だったし、先行馬の後ろにつけて我慢して運べましたが、最後は伸び切れませんでした。ワンターンの競馬も初めてで、重賞で相手も一気に強くなりましたから。これから経験を積みながら成長していってくれたら。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る