平成3年<1>マックイーンの降着で天才が初めて大スランプに

公開日: 更新日:

 今では「WIN5」で“億”の夢を見ることもできる。しかし、平成初頭はまだ馬券は単勝、複勝、枠連の3種類だけ。この年の秋に初めて「馬連」が発売された。

 2回函館で試験発売が行われ、本格的な導入は10月5日の東京、京都開催初日から(福島は3日目)。とはいえ、この週の71鞍(土曜東京は11Rまで)のうち、19鞍が8頭立て以下だった。当時は今では考えられないくらい、少頭数が多い。

 重賞は京都大賞典が7頭、毎日王冠は13頭。もちろん、前者は馬連の発売はなく、後者はプレクラスニー、ダイタクヘリオスの8枠2頭で決着。枠連2340円、馬連2360円と20円しか違わなかった。

 また、土曜の福島では6Rで枠連1940円、馬連1770円という逆転現象も起きている。

 さて、毎日王冠勝ちのプレクラスニー。次走の天皇賞・秋も制した。鞍上の江田照は当時、まだ19歳という若さ。

 もっとも周知の通り、プレクラスニーの6馬身前でゴールしたのがあのメジロマックイーンだ。

 前年の菊花賞馬はこの年から武豊とコンビを結成した。春は阪神大賞典↓天皇賞を連勝。宝塚記念は同じ“メジロ”のライアンに敗れたものの、秋初戦の京都大賞典を3馬身半差の横綱相撲。天皇賞では単勝オッズ1・9倍の断トツ人気に推されていた。

 ところが……。

 スタート直後に内側に斜行。15分ほどの審議の結果、最下位⑱着に降着となった。日本のGⅠにおける1位入線馬が降着した最初の事例である。

 当日、弊社にとある国会議員から直接、「最下位というのはおかしくないか」という“ご意見”もあったほど。このレースは一般紙にも取り上げられ、大きな波紋を呼んだ。

 マックイーンは次走、ジャパンCに出走して1番人気ながら④着。捲土重来を期した有馬記念でも②着止まり。

 3週間の騎乗停止が明けて復帰した武豊は11月こそ3勝したものの、12月には何と42鞍騎乗して未勝利。天才が初めて味わう大スランプで、年間100勝超えは3年で途絶え、96勝に終わった。
 (水、木曜掲載)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  3. 3

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  4. 4

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  5. 5

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  6. 6

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  7. 7

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  8. 8

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  9. 9

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る