新居哲
著者のコラム一覧
新居哲

元ラガーマンの体力自慢。東の不沈艦とも言われ、怒涛の突破力を見せる男。今年からグリーンチャンネルの「トラックマンTV」にも出演している。馬を見る目にたけ、少しでも気になることがあればすぐに関係者に直撃! 国枝、木村厩舎に強い。

【月曜東京11R・クイーンC】陣営が色気を持っているカレンブーケドール

公開日: 更新日:

 近10年だけでも11年①着ホエールキャプチャ、12年①着ヴィルシーナ、15年②着ミッキークイーン、16年①着メジャーエンブレム、17年②着アエロリットと、ここからGⅠ馬へ成長していった馬が多い。

 今年も9頭立ての少頭数ながら、GⅠ阪神JFの②③着馬が参戦し、レベルの高い一戦となりそう。

 ◎はカレンブーケドール。3戦目で未勝利を勝ったばかりだが、果敢に挑戦してきた。

「この相手に好勝負をしてクラシック路線に乗るのか、ダメで自己条件から力をつけていくのか。試金石の一戦ですね」と椎本助手。

 新馬戦は頭差の②着。勝ち馬ダノンキングリーはその後、連勝を決めて日曜のGⅢ共同通信杯に出走。相手が悪かった。

 続く③着だった2戦目は直線で前が壁になり、追い出しが遅れて脚を余してしまったもの。

「中間は放牧。前走より状態は良さそうですよ。調教では舌を出していましたが、特に問題ありません。ここでも通用していいモノはありますよ」

 一発に期待したい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  4. 4

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  5. 5

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  9. 9

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る