大谷剣市
著者のコラム一覧
大谷剣市

本命、大穴決着どちらもドンとこい。縦横無尽にメーンを斬りまくり。2015年は有馬記念の馬連6840円を◎サウンズオブアースでズバリ的中。昨秋もアルゼンチン共和国杯、エリザベス女王杯を連続で的中させ、勢いがついたら止まらない。東西トップを走る堀厩舎を担当。ジャッジは的確だ。

【月曜東京11R・クイーンC】ここでは負けられないクロノジェネシス

公開日: 更新日:

 木曜の浜松オートで最終レースに組まれていたのが「鈴木選抜」。若き王者・鈴木圭一郎をはじめ、8車全員が鈴木姓というユニークな番組だ。実況も「ナンバーワンの鈴木」「レジェンドの鈴木」などと盛り上げて、勝者には「絶好調! 鈴木清」と。即、売り上げアップにつながるかはともかく、いろいろと工夫していく姿勢は見習いたいもの。

 今週のJRA3重賞は9頭、7頭、12頭立て。もう少し頭数が増えると、盛り上がりも違うと思うのだが……。

【月曜東京11R・クイーンC】

 クロノジェネシスがきっちり勝って桜花賞へ向かう。

 前走の阪神JFは初めてのマイル戦に加えて、スタートで後手を踏んで道中は最後方から。上がり最速の33秒9で勝ち馬に並びかけるところまでいったが、結果的には位置取りの差が響いた形になった。

 バゴ×クロフネの字ヅラから受ける印象とは裏腹な切れ味は、同世代の牝馬でトップレベルなのは間違いない。

 アイビーSを上がり32秒5で差し切った東京に替わって、マイルも2度目。メンバー的にも負けられない一戦だ。

 相手本線は阪神JF③着のビーチサンバだが、穴に一考したいのは▲ジョディー。東京マイルは2戦2勝でともに逃げ切り。スタート後につまずいた前走は参考外で、ここは反撃がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    男女の意識差は歴然…シニアは“プチ別居”婚がうまくいく

もっと見る