橘正信
著者のコラム一覧
橘正信

ご存じ、本紙が誇る鬼才。常に大穴馬を求めて、栗東トレセンを右へ左へ。驚天動地、空前絶後の◎を打つ男。とにかく買わなきゃ当たらない。17番人気タケノベルベット本命で的中させた92年エリザベス女王杯は今でも語り継がれる快挙だ。

【月曜東京10R・雲雀S】デスティニーソング高配当の使者

公開日: 更新日:

 デスティニーソングで勝負する。

 これまで10回の馬券絡みがある。次の通り。

新馬     ③着 7人
未勝利    ①着 8人
なずな賞   ②着 9人
かささぎ賞  ①着 4人
STV杯   ②着 6人
中京日経賞  ②着 8人
一千万下   ②着 4人
五百万下   ①着 1人
豊栄特別   ②着 5人
三鷹特別   ①着 6人

 一目瞭然、走っても人気にならないタイプ。穴党にはたまらない。

 前走の渡月橋S⑨着は準オープンへの昇級戦。[6][9][9]の位置取りが示すように、勝負どころでいったん置かれかけた。しかし、直線では外から3番目タイの3F33秒4で0秒5差までジワジワと追い上げている。

 当時の定量55キロからハンデ52キロに。33秒2と最速タイの末脚で差し切り勝ちを演じた2走前の三鷹特別と同じ舞台になるのもいい。

 ビッグ馬券ゲットだ。

【東京11R・クイーンC】 本命はジョディー。

 赤松賞勝ちから臨んだ前走の阪神JFはスタートしてつまずいてしまった。⑯着敗退は仕方ない面がある。

 デビュー戦、2走前ともに東京千六で逃げ切りを演じている。鞍上はその時と同じ2戦2勝の武藤だ。この少頭数なら、自分の形にも持ち込みやすい。

 アレヨアレヨを期待。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    男女の意識差は歴然…シニアは“プチ別居”婚がうまくいく

もっと見る