外山勲
著者のコラム一覧
外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

【月曜東京9R・テレビ山梨杯】牝馬限定戦ならゴージャスランチ順当V

公開日: 更新日:

 ここはゴージャスランチで断然の鞍だ。

 5、4走前、昨春の当該舞台はスイートピーSでランドネ(愛知杯③着)の③着。続く自己条件のカーネーションCは完勝。当該舞台で強さを見せつけ、さらに秋は牝馬3冠目にチャレンジ。ローズS④着→秋華賞⑧着と大舞台でも善戦した。

 その実力は、3カ月半ぶり、さらには紅一点で臨んだ前走でもしっかり発揮された。2番手正攻法から11秒3―11秒2―11秒4の高速上がりにも楽に対応。内をロスなく運び、◎を目標にしていた勝ち馬には完敗も、後続には2馬身差をつけた。久々を考えれば合格点を与えていい。

 たたき2戦目、牝馬限定戦で順当Vを決める。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る