外山勲
著者のコラム一覧
外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

【月曜東京1R】外山の見解と厳選!厩舎の本音

公開日: 更新日:

 サンロアノークの前走は、中山千二の芝スタートで出脚がつかず流れに乗れない展開。それでも直線だけで⑤着まで追い上げ、あらためて未勝利上位の脚力を示した。2カ月あけて状態はフレッシュ。ダートスタートのこの舞台で前進する。

【厳選!厩舎の本音】

サンダーソニア
 高木調教助手 デビュー戦の前走が追い通しだったので、距離延長は間違いなくプラスだと思います。間隔があいていても順調にきているし、追い切りの動きは未勝利レベルではない。変わっていいですよ。

シゲルホタルイシ
 水野調教師 ケイコでは目立たないけど、それでも実戦ではいつも頑張ってくれるタイプです。状態は悪くないと思いますよ。勝てる力は持っているので、この距離でもう少し前めにつけられれば。

パルスレート
 小林調教助手 芝でいい競馬をしてくれているんだけど、もうひと押しが利かなくて。追い切りでも追ってから甘いところがあるんですよね。ダート替わりがいい方に出てくれれば。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  2. 2

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  7. 7

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  8. 8

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る