外山勲
著者のコラム一覧
外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

【月曜東京4R】外山の見解と厳選!厩舎の本音

公開日: 更新日:

 末脚堅実ニューモニュメントから。前走のはこべら賞では未勝利勝ちに続き、メンバー最速の上がり。直線の長い東京替わりで食指が動くタイプだ。たたき2戦目で上積み十分のうえに、中間はゲート練習も。流れに乗った競馬で差し切る。

【厳選!厩舎の本音】

キングテセウス
 太田調教助手 集中力を欠く面はありますが、それでも少しずつ改善はされています。持ち時計を詰める必要はありますが、馬は良くなってきていますからね。昇級戦でも期待しています。

グランソヴァール
 尾関調教師 前走はペースが速かったし、使って良くなるタイプなのかも。それに、ジョッキー(田辺騎手)は「千六の方が自分のペースで走りやすい」と。中1週でも元気なので、あらためての気持ちです。

ペイシャリルキス
 高市調教師 前走は積極的な競馬から粘り強く頑張ってくれて収穫のある内容だった。あの競馬を続けていれば、メンバーや展開次第でチャンスが回ってくると思う。再度、中1週で大きな上積みこそないけど、変わらずいい状態ですよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  4. 4

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

もっと見る