【月曜東京9R・テレビ山梨杯】出走全馬の特選情報

公開日: 更新日:

①イサチルルンルン
 竹内調教師 ブリンカーをチークに替えて落ち着いて臨めたのですが、逆にハミ掛かりが悪くなってしまったのでブリンカーに戻します。当日の気配が鍵ですが、距離の融通は利くと思うのできっかけを掴めれば。

②アシェット
 高橋文調教師 前走はなかなかの好内容。小回り福島で34秒2の上がりは結構速いよ。中間は短期放牧でリフレッシュ。以前よりどっしり構えられるし、精神面で成長した印象もある。昇級戦でも面白いかも。

③ミラクルブラッド
 相沢調教師 前走は相手が悪かったね。今回も変わらずきてるし、具合はいい。芝、ダートは問わないタイプで、この条件も合ってる。もっと上に行ける馬だと思ってるので、期待してるよ。

④バンパークロップ
 藤原辰調教師 仕上がりは八分程度かな。今回は初芝になるけど、キャンターでは軽い走りをするので、やれると思っている。ダートとはいえ、一千万では好走しているように力は上位なはず。

⑤ダンサール
 須貝調教師 休み明けになるけど、仕上がりは上々だよ。今回は自己条件に戻る。それに牝馬同士のレースだから、力は見劣らないと思う。あとは自分のペースでうまく運べれば。

⑥アヴィオール
――前走は0秒2差②着でした。
 森調教助手 休み明けだったことを思えばいい内容でした。レース後も大きなダメージはありませんでしたから。中2週でも順調にきているし、状態はいいですよ。
――ここも上位争いですね。
 森助手 1回使った分、今度はさらに反応が良くなってると思います。東京はデビューから2連勝した舞台ですからね。条件的にも合ってると思うので、好勝負を期待していますよ。

⑦アモーレミオ
 勢司調教師 得意の東京を目標に仕上げてきました。先週、先々週としっかりやっていい状態ですよ。昇級初戦ですが、前走の内容から通用すると思います。また牝馬同士だし、リズム良く運べれば面白いのでは。

⑧ゴージャスランチ
――前走は②着。残念でしたね。
 鹿戸調教師 2番手でスムーズに流れに乗れてたし、この馬自身、速い上がりを使っていたんだけどな。ま、勝ち馬は強かったし、うまいこと内をすくわれた面もあったからね。仕方ないよ。
――今回は中1週になりますが。
 鹿戸師 疲れどころか、追い切りではやる気満々。1度たたいてグンと気配は上がってるよ。再度同じ舞台で今度は牝馬限定戦。ここはきっちり決めたいところ。

⑨ヒストリア
 栗田徹調教師 (過去最高体重だった2走前、前走より)さらに増えてるかも。それでもしっかり攻めたし、精神的にもドッシリしてきました。いつもいい脚を使うので展開ひとつですね。

⑩レッドラフェスタ
 尾関調教師 前走は今後につながる内容で勝ってくれましたね。脚元が弱く反動が大きいので、間隔をあけて調整。いい感じで臨めるし、天気が崩れて馬場が悪くなっても問題ないですよ。

⑪アルミレーナ
 国枝調教師 ようやく実が入ってきた感じだな。距離延長? 兄妹は長いところを走っているが、何とも言えないな。ただ、折り合ってフワッと乗れれば、しまいの脚は使ってくれると思っている。あとは前走くらいゲートが出られれば。

⑫ノーブルカリナン
 大江調教助手 とにかく充実一途の感じ。今はしっかりと体を使えている。前回もきっちりと結果を出せた。チークピーシズを着けた効果もありましたね。まだまだ良くなる余地がありますよ。ええ、昇級戦でも。

【休養馬カルテ】

 アモーレミオがリフレッシュ放牧から帰ってきたのは1月17日。23日からダートコースで時計を出し始め、30日には5F65秒5―38秒2の好時計を馬なりでマークした。体に太めもなく態勢はきっちり整っている。

 アルミレーナは1月17日に美浦に戻ってきた。以降、週に2本の調教メニューを順調に消化。馬体も厚みを増し、成長も感じる。動きも合格点で力を出せる仕上がりだ。

 ダンサールは放牧から1月11日に帰厩した。坂路、コースを併用して、再三の併せ馬を消化している。先週は北村友騎乗でCウッド追い。今週の坂路では1F12秒2で併入。態勢は整っている。

 ササ針放牧明けとなるバンパークロップは12月27日に帰厩。年明けから時計を出し始め、ここまで長短10本もの時計をマーク。じっくり乗り込まれ、力を出せる状態には仕上がっている。

 放牧で疲れを取ったレッドラフェスタ。1月13日帰厩で主にウッドで追い切りを消化。直前は半マイル54秒6―40秒1、1F12秒6を馬なり。軽快な動きを見せている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    男女の意識差は歴然…シニアは“プチ別居”婚がうまくいく

もっと見る