【月曜東京12R】出走全馬の特選情報

公開日: 更新日:

①ララメダイユドール
 今野調教師 リフレッシュ放牧明け。大型馬の割には使い込むよりも、休み明けの方が走れるタイプですよ。千八は最後で甘くなったし、千四は忙しい。マイルを求めて東京へ。前、前で流れに乗れれば。

②ロジペルレスト
 大竹調教師 少し硬さもあったので、勝った後は無理せず一息入れました。今は大丈夫。仕上がりはいいですよ。コーナーを利用して上がっていく競馬なので東京のイメージは湧きませんが、時計の裏付けはありますから。もまれずに運べれば。

③マーガレットスカイ
 黒岩調教師 ここ2戦は前残りの展開。自分で上がっていけず、消化不良のレースが続きましたね。中山であの流れではちょっと厳しいです。今度は積極的な競馬をしてもらう予定。馬は元気いっぱいですよ。

④エピックアン
――前走は1番人気を裏切って⑩着大敗。
 大和田調教師 正直、自分が指示をミスりました。集中しない面があるので「プレッシャーをかけて走らせて」と言って、ずっとプッシュしたら馬が怒ってしまって。気を抜いた時だけで良かったんですが、うまく伝わりませんでした。
――巻き返せますか。
 大和田師 短期放牧を挟んで仕上がりはいいですし、今度は細かいニュアンスが伝わる日本人の内田さんですから、大丈夫でしょう(笑い)。

⑤サムシングフレア
 松山調教師 東京と相性がいいので、ここを目標にしてきました。ケイコでしっかり動けているので、力を出せる仕上がりになってると思いますよ。手応えがしぶくなってからも、なんだかんだで伸びてきます。展開ひとつで出番があっても。

⑥フィスキオ
 栗田徹調教師 先週の時点ではまだ少し重さがあったし、相手関係も含めて今週へ。ええ、良くなってますね。湿ったダートの方がいいタイプでもあるので、またやれていいですよ。

⑦サイモンジルバ
 佐藤調教助手 ようやく勝ってくれたな。それまで前が詰まったりしたんで三度目の正直だったよ(笑い)。中間はリフレッシュ放牧を挟んで調整。ビシビシ追って態勢は整ってる。昇級戦でどうかだけど、力は出せるデキにはなってるぞ。

⑧ルミナリースピン
 石川調教助手 脚部不安で長く休んでました。じっくり時間をかけて調整したので、木曜にハダカで量ったら533キロ。大幅に増えてることはないし、無事に回ってきてほしいですね。

⑨サノノカガヤキ
 尾形和調教師 前走は飛ばし過ぎちゃいましたね。競走中止になりましたが、影響はなく、問題ありませんよ。まずまず安定してきているので、昇級2戦目。もう少しやれるところを見たいですね。

⑩レコンキスタ
 相田調教助手 ヒザの骨折で長く休んでいました。帰ってきてからはしっかり調教メニューをこなして仕上がりはまずまずです。走れる態勢ではありますが、このクラスで以前走ったとき苦戦しましたからね。慣れは必要でしょう。

⑪トワイライトタイム
 五十嵐調教助手 前回は勝ち馬の目標にされた分でしょう。その後はリフレッシュ放牧。先週はジョッキーが乗り、「息の入りがいい」と。今週はサッとで十分。このクラスで上位の力を持っているし、期待しています。

⑫エヴォリューション
 佐藤調教助手 中間はミニ放牧へ。ケイコは動いてるし、体調はいいですよ。千六に延ばしますが、これくらいが合っているのでは。自分の競馬に徹して、どこまで頑張れますか。上がりがかかってほしいです。

⑬ゲンパチカイナル
 高木調教助手 昨秋に使う予定が熱発して再仕上げに。今は順調だし、追い切りの動きもいいですよ。ただ、本質的にたたき良化タイプ。一千万でも通用する力は持ってるけど、その点がどうかだと思います。

⑭ケンデスティニー
 清水亮調教助手 休養を挟み、随分と動けるようになってきました。今週は51秒0ですから。攻めると体が減った以前とも違って、乗り込みつつ体つきも良化。今が成長期かも。密かに楽しみにしています。

⑮ダイワギャバン
 菊沢調教師 引き続き状態はいいのですが、ちょっと詰めの甘いところがあるので、今回はダートを試してみます。うまくそのあたりをカバーできれば、このクラスでもやれていいと思うんですけどね。

⑯ラムセスバローズ
――前走後は一息入りました。
 太田調教助手 放牧を挟みましたが、冬場は仕上げ的にちょっと難しい面がありますね。少し中身が重いかもしれません。ただ、以前と比べて活気が出て、前向きに攻め馬ができているのは、この馬にとっていい傾向だと思います。
――前2戦は③②着です。
 太田助手 今回も府中のマイル戦と同じ条件ですからね。実力通りに走れば、もちろん好勝負できると思っていますよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  4. 4

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  9. 9

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る