【月曜東京11R・クイーンC】出走全馬の特選情報

公開日: 更新日:

①マドラスチェック
 相田調教助手 中間はこのレースを目標に放牧を挟んで調整。今週の追い切りの動きは良かったし、いい状態ですよ。ここ2戦、前で運んで上がりを33秒台でまとめているんだから大したもの。重賞でもやれる素質を見せてくれていますよね。

②レッドベルディエス
 鹿戸調教師 勝った後、体が減ったんで放牧でリセット。十分乗り込んで戻ってきたし、体も同じくらいで出せそうだよ。前走は中団できっちり折り合ってしまいは33秒6。いい末脚だったし、あの内容なら重賞でもやれるんじゃないかな。

③ミリオンドリームズ
 津曲調教助手 昨秋の東京をパスして自厩でじっくり立て直しました。今は毛ヅヤも凄く良くなってるし、状態は初戦当時よりもいいくらいです。レースセンスのいい馬だし、初の東京も問題ないはず。重賞でも期待しています。

④ジョディー
 戸田調教師 前走はスタート直後につまずいたのが全てですね。持ち味を生かし切れず、不完全燃焼でした。今度は手の内に入れているジョッキーですし、結果を残している左回り。自分の競馬ができれば、そう差はないかなと思っています。

⑤アークヴィグラス
 嶋田調教師 前走のダメージはなく、すぐに目標を切り替えられました。最終追い切りも気分良く走っており、状態はいいですよ。芝はまったくの未知数ですが、中央の強敵相手にどこまでやれるか楽しみです。

⑥ビーチサンバ
――今週は馬なり。
 大江調教助手 東京への輸送を考慮しての内容です。ここまで予定通りに乗り込んできましたよ。ええ、力を出せる状態です。
――この馬のセールスポイントは。
 大江助手 真面目な馬で一生懸命に走ってくれる。だから、ポジションは問わない。馬場が多少、しぶっても大丈夫。
――今年の初戦から。
 大江助手 東京は経験済み。しかも、内容は良かった。今度もきっちりと走ってくれると思います。

⑦カレンブーケドール
 国枝調教師 前走は勝つには勝ったが、ちょっと物足りなさが残るかな。ただ、中山より東京の方がいいだろうし、初戦は勝ち馬が強く、2戦目は直線でドン詰まりして脚を余してのもの。ここでの期待値は高いよ。

⑧マジックリアリズム
 尾関調教師 前走は何とか体調を整えて、勝つことができて良かった。今回は体も増えてるし、重賞ということでしっかり攻めましたよ。直前も反応、動きはいい。強いメンバーの中でどれだけやれるかですね。

⑨クロノジェネシス
――前走は②着。
 斉藤崇調教師 スタート直後に前に入られて後ろからに。それでも伸びてきたし、力は見せたと思います。
――2カ月ぶりです。
 斉藤崇師 放牧に出して、ここから。順調にきていますよ。先週は少し重い感じでしたが、今週は素軽くなっていましたね。しまい重点で動きが良かった。前哨戦として、いい状態で臨めます。
――楽しみですね。
 斉藤崇師 東京は勝っているコース。長い直線は合っている。ええ、いいレースを。

【休養馬カルテ】

 マジックリアリズムは1月18日に帰厩すると、コースと坂路を併用して乗り込んできた。ここ2週はミナリクを背に力強い動き。「前回とは臨戦過程が違う」(尾関師)もうなずける。

 ミリオンドリームズは昨秋のアルテミスSをツメの不安で見送り。その後は在厩でじっくり調整されてきた。乗り込み量は十分で、直前追いの坂路4F56秒3―12秒4も素軽いフットワーク。態勢は整っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    男女の意識差は歴然…シニアは“プチ別居”婚がうまくいく

もっと見る