【クイーンC】レース後の談話

公開日: 更新日:

①着クロノジェネシス(北村友騎手) 雪で開催が延びて競馬場に滞在していたのが心配でしたが、返し馬で安心しました。前走では少し後手を踏んだけど、今回はスタートも良かった。道中も馬の後ろに入れてリズム良く走れましたよ。しまいの反応も本当に鋭かった。瞬発力には自信がありました。能力が本当にありますね。

②着ビーチサンバ(福永騎手) 隣の馬が暴れ、ゲートのあく瞬間でタイミングが合わなかった。それでも、道中はリラックスして走ってくれたし、直線も長くいい脚を使ってくれたよ。課題のある中で結果を残して賞金を加算できたのは何より。春に向けてしっかり修正していきたいね。

③着ジョディー(武藤騎手) ハナに行くまで脚を使いましたが、行き切ってからは息を入れて運べましたよ。上位2頭は強かったけど、最後まで食らいついてくれました。馬場や展開が噛み合えばやれますよ。

④着カレンブーケドール(戸崎騎手) とても乗りやすくて競馬が上手ですね。直線で何回も手前を替えていたように、固まってくるのは先でしょうが、能力はあります。距離はもっとあってもよさそうです。

⑤着レッドベルディエス(ブロンデル騎手) まだ3戦目で子どもっぽいね。競馬が分かってない感じ。4コーナーでペースが上がった時も行こうとしないんだ。最後は押し上げて脚を使ってくれたけどね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    男女の意識差は歴然…シニアは“プチ別居”婚がうまくいく

もっと見る