武田昌已
著者のコラム一覧
武田昌已

月~金は麻雀、土日はウインズだった学生生活を経て、入社後は編集一筋20年超。2015年春は何と9週連続重賞的中の快記録も達成し、2016年は春東京でGⅠ4連勝も。馬場の傾向、ラップの分析に定評があり、ついた名前が「数字大王」。GⅠウイークにはデモクラTVのコメンテーター担当。

【土曜東京11R・ダイヤモンドS】強力世代の長距離砲ユーキャンスマイル

公開日: 更新日:

共同通信杯を本線ズバリ

 3連単2170円と共同通信杯は“激安”の配当でしたが、自分の中では会心の当たりでした。

 記録を精査して最上位はダノンキングリーと思って◎。その通りの結果になったからです。

 勝ち時計は千八1分46秒8の速さで、後半5Fは57秒3。東京千八で過去に前半5F61秒9以内(共同通信杯は61秒5)、後半が57秒3以内のレースは7鞍。

 そのうち4鞍はGⅡ毎日王冠、2鞍はオープン特別。唯一の条件戦は昨年のむらさき賞で、勝ち馬エアウィンザーはそれを含めて4連勝。暮れのGⅢチャレンジCも勝ちました。

 ダノンの記録は古馬重賞級。これはダービーが見えたか――。

【東京11R・ダイヤモンドS】 ひと昔前の長距離戦といえばダンスインザダーク産駒が幅を利かせていた。

 時代が移り、現在は母の父として活躍中。現役屈指の長距離砲アルバート、そしてここのユーキャンスマイルがそうだ。

 菊花賞は10番人気の低評価だったが、内から伸びて③着。有馬記念を勝つブラストワンピースに先着している。

 続く万葉Sは逃げて二枚腰を使ったヴォージュを鼻差とらえられなかった。しかし、これは展開のアヤのようなもの。

 GⅠ③着馬でありながら、まだ条件馬とあってハンデは54キロ。これは恵まれている。

 強い4歳世代の長距離特化型。天皇賞・春に出走するためには賞金加算が必須。ここは落とせない一戦だ。

【京都11R・京都牝馬S】ベルーガ反撃

 ベルーガのタンザナイトS⑤着は情状酌量の余地あり。
 関西の芝千二にしては珍しい前半3F33秒1のハイペース。川田が早くから手を動かしながらの追走になり、脚をためられる場面がなかった。しかも、コースは直線の短い阪神内回り。不発に終わったのも仕方ない。

 今回は2歳時にファンタジーSを勝った京都の外回り千四。頭数の割には徹底先行タイプのいない組み合わせで、流れはそんなに速くなりそうにない。差し比べなら、まとめて面倒を見る破壊力がある。

 中内田厩舎の看板馬であるダノンプレミアム、パクスアメリカーナ、ダノンファンタジーの主戦も務める川田。ベルーガはコンビ2戦目。ここで新タイトルを追加する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る